• 2013.07.08 Monday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -

永谷宗円生家
宇治の六地蔵から宇治田原町湯屋谷地区まで、緑茶の歴史を辿り、秋の小旅行をしてきました。
今や当たり前の日本緑茶を創り出した人物をご存知でしょうか。約270年前に京都府宇治田原町の茶農・永谷宗円翁により、開発されました。その宗円翁の生家が生地・湯屋谷に復興されたと聞き、行ってきました。美しい茅葺屋根の瀟洒な建物です。残念ながら内部を見ることはできませんでしたが、茶葉を手もみする焙炉(ほいろ)跡があるらしい。
隣接して、宗円翁を祀る茶宗明神社もあります。
宗円翁の御子孫の茶店・永谷宗園茶店はJR六地蔵駅前にあります。

  • 2013.07.08 Monday 21:15
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | -

Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.