• 2013.07.08 Monday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -

JUGEMテーマ:アート・デザイン
 聴竹居外観聴竹居縁側
聴竹居湯沸釜聴竹居客間

 猛暑の中、天王山の麓・大山崎に建つ「聴竹居」という住宅の見学に行ってきました。「聴竹居」というのは建築家・藤井厚二氏が1928年(昭和3年)に設計した自邸であり、環境工学を基礎とした設計手法を実践する上で、様々の実験がなされています。サンルーム的な広い縁側、天井に設けた排気スリット、ドアの上部に設けた欄間障子、土管で作った床下通気ダクト、調湿効果を狙った和紙貼りの内装など、機械に頼らず、自然エネルギーを生かそうとする工夫(パッシブデザイン)が随所に見られ、エコ住宅や環境共生型住宅と呼ばれるシステムの先駈けといえます。その他、現代の温水器と言えるレンガ積みの湯釜やディスポーザーをイメージしていたであろうダストシュート付きキッチンもたいへん興味深かった。そしてシステムデザインだけではなく、和と洋を融合したモダンなデザインも素晴らしく、特に客間の、椅子席を前提とした高い床の間はおもしろい。このように現代日本の住宅のプロトタイプとも言える住宅作品が建設当時のまま、素晴らしい状態で一般公開されていることについて、オーナーをはじめ尽力された方々に本当に感謝いたします。






  • 2013.07.08 Monday 20:24
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | -

Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.