• 2013.07.08 Monday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -

事務所嵯峨面
 事務所の玄関に嵯峨面を飾りました。桂離宮の修繕工事で使われたものと同じらしい中杢の杉板をベースにあしらい、天狗面とカラス天狗を並べてみました。火伏せのご利益があるとのことです。表情や色合いが暖かい感じで、良いと思うのですが、いかがでしょうか。

 嵯峨面(十二支)
 仕事に行き詰まり、事務所の玄関(和風)の壁に何か飾り付けをしたいなと思いつき、ある京都人に相談したところ、嵯峨面はどうかと。早速調べてみると、能面とは違い、表情に愛嬌があり、色合いもなんとなくモダンな感じで、厄除けの意味が込められているということで、まさにイメージにぴったり。早速購入することにしました。
 嵯峨面とは、京都嵯峨の郷土土産として作られていたが、廃れてしまい、現在、藤原孚石氏が復興させ、製作されているとのこと。お多福や鬼といった節分をイメージしたものや十二支、魔除け、厄除けなど約30種類ほどあるそうです。値段もお手頃で、京都のお土産として、新築祝いとして、年末の贈答品として、最適ではないでしょうか。和風の家でも、洋風の家でもしっくりいくような気がします。
 の次はのお話でした。

KIKA展
祇園祭にあわせて、7月10日から7月16日の間、祇園事務所にてKIKA展@祇園祭の京都が開催されていたのですが、盛況の中、無事終了しました。山口県周南市で活動されている作家・中村城夏さんのクレヨン画展でした。旦那さんが紫叡RFC。Blazersの仲間という縁で実現しました。これからも様々なイベントを通じて、京都祇園の御茶屋建築を紹介していきたいと思っています。

<<new | 2 / 2pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.